退職するときに知っておきたいことを調べてみた①

会社手続き

失業給付の金額や受給期間はどのくらいもらえるのか? 失業給付をもらうときには、どんな条件を満たせばよいのか? 失業給付をもらうときの手続きなど、調べてみました。65歳以上で離職した場合でも失業給付を受給資格があるなど、雇用期間によって違うので参考にしてください。


失業給付の金額や受給期間はどのくらいもらえるのか?

雇用保険に加入している方が離職した場合は、再就職する求職活動期間中の生活保障するため基本手当が受給できます。
離職理由により給付日数や離職時の年齢によって決定されます。自己都合による退職や定年退職は、あらかじめ再就職の準備が可能なので一般離職者になります。所定給付日数は被保険者期間に応じて90日から150日になります。

倒産や解雇などで離職した方は、再就職をさがす準備ができない可能性が高いため特定受給資格者となります。所定給付日数90日から330日になります。

失業給付をもらうときには、どんな条件を満たせばよいのか?

雇用保険から失業給付(基本手当)を受けるには、雇用保険の被保険者期間が離職前の2年間に12ヶ月以上が必要なのです。

倒産や解雇などによる退職は特定受給資格者として受給資格があります。倒産や解雇以外にも、雇用契約期間中に労働契約が更新されない特定理由離職者や離職前の1年間に11日以上賃金をもらっている6ヶ月以上ある65歳以上で離職した方も受給資格があります。

失業給付をもらうときの手続き方法とは?

失業給付の基本手当を受給するためには、ハローワークで離職確認を受けて求職の申込みをしてください。持参するものは、①離職票 ②雇用保険被保険者証 ③印鑑 ④写真付きの身分証明書 ⑤失業給付をもらうときの手続き ⑥普通預金通帳。

受給資格が決まったら雇用保険受給説明会と失業認定日が指定されます。求職の申し込み日から7日間は待機期間となり基本手当はもらえません。また、自己都合による退職の場合3ヶ月間は基本手当がもらえません。

失業認定日にハローワークに行き、直前の28日間に失業していたかどうかの認定を受けます。この期間に2回以上求職活動をし、失業状態が確認されると基本手当が受給できます。

関連記事