入学祝いへのお礼状の書き方

お礼状

新入学のお祝いのように子どもの成長に伴う場合は、入社式などで撮影した写真を添えた心のこもったお礼状を贈ると良いでしょう。また、子どもからの直筆や一言があるだけでも相手に十分気持ちを伝えられるでしょう。

入学祝いへのお礼状を書くときのポイント


入学祝いへのお礼状を書くときのポイントとしては、【1】お祝いへ感謝の気持ち【2】頂いた物の使い道や感想【3】現在の子どもの様子【4】相手への気遣い。親戚などの親しい間柄に対しては、形式にとらわれず、親しみをこめた内容がよいでしょう。

入学祝いへのお礼状の書き方のテンプレート


入学祝いへのお礼ハガキ文面

拝啓 春眠の候、山田様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびは春子の入学の祝いをありがとうございました。
おかげさまで無事に、小学校に入学することができました。
元気にランドセルを背負って、新しいお友だちとともに学校に通っています。入学式の時に撮影した写真を同封したので、晴れ姿をご覧ください。
今年の夏休みには春子と帰省することをとても楽しみにしております。
季節の変わり目です。どうぞお体をご自愛ください。
まずは取り急ぎ、お礼まで。 
敬具

例2.入学式のお祝いへのお礼状の書き方のテンプレート

拝啓 春眠の候、山田様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
○○様、入学祝いを贈っていただきまして誠にありがとうございます。
おかげさまで、中学校に入学することができました。
バレーボール部に入部したので、早速頂いたお心遣いでバレボールのシューズを購入させていただきました。
勉強やバレーボール部など、なにかと忙しくなりますが、両立して中学校生活を精一杯楽しみたいと思います。
季節の変わり目ですので、どうかご自愛ください。
敬具
令和〇年〇月〇日

ワンポイントアドバイス

小中学生の入学祝いに対するお礼状は、保護者が代わって書くのが一般的です。祝いの品をいただいた場合は、本人がとても喜こんでいたことが伝わる言葉や品物の毎日使っているなど、用途を伝えると良いでしょう。

入学祝いのお返し

入学祝いの場合は、一般的にお礼の品は必要ありません。学生であり収入が無いためだといわれています。どうしてもお礼の品を添えたい場合は、手作りにするなど、相手に失礼のない、常識の範囲以内の金額の品を手紙と一緒に贈りましょう。
入学祝いが親、兄弟くらい親しい仲であれば、形式的な文章ではなく普通に気持ちを伝えるだけで良いと思います。手紙ではなくメールやLINEで済ませるくらいで十分なので、しっかりと感謝の気持ちを書きましょう。

関連記事