卒業式のお祝いへのお礼状の書き方

お礼状

お祝いをいただいたら、お礼状とともにお返しを贈る、またはお礼状だけ先に送り、後からお返しを贈るのが一般的です。状況によっては不要な場合があるので、お返しは相手との関係性や周囲との兼ね合いで贈るとよいでしょう。

卒業式のお祝いへのお礼状を書くときのポイント


卒業式のお祝いへのお礼状を書くときのポイントとしては、【1】感謝の気持ち【2】頂いた物の使い道や感想【3】進路状況【4】今後の抱負。また、在学中の思い出のような、お世話になったことへの感謝の言葉があると、よいでしょう。

卒業式のお祝いへのお礼状の書き方のテンプレート


卒業式のお祝いへのお礼ハガキ文面

拝啓 春分の候、山田様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびは卒業祝いをありがとうございました。
さっそく本状を、頂いた万年筆で書いています。
ボールペンや鉛筆とは違う書き味にまだ戸惑っていますが、少し大人になった気持ちで、大切に使わせていただきます。
希望した〇〇学校にも進むことができ、まずはひと安心です。
引き続き、将来の進路に向けて、努力していきたいと考えています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。 
敬具

ワンポイントアドバイス

卒業祝いは年齢によって、本人が書く場合と保護者が代わって書く場合があります。本人が書く場合は、年齢にふさわしい文面になるように書きましょう。新しい生活への抱負や意気込みを素直な気持ちで書くとよいでしょう。

関連記事
  • 入学祝いへのお礼状の書き方

    入学祝いへのお礼状の書き方

    新入学のお祝いのように子どもの成長に伴う場合は、入社式などで撮影した写真を添えた心のこもったお礼状を贈ると良いでしょう。また、子どもからの直筆や一言があるだけで ...

    2020/03/31

    お礼状