栄転・昇進祝いへのお礼状の書き方

ビジネス文書 - お礼状

お礼状を書くときは、ただ「ありがとうございました」と述べるだけでなく、具体的な感想や喜びの感情が相手に伝わるようにしましょう。また、現金等を頂いた場合は、使いみちも伝えると相手も喜ぶでしょう。

栄転・昇進祝いへのお礼状を書くときのポイント


栄転・昇進祝いへのお礼状を書くときのポイントとしては、【1】相手の健康を気遣う言葉【2】感謝の気持ち【3】頂いた物への具体的な感想【4】今後の抱負。相手に感謝の気持ちを伝えるためにも、お礼状は、お祝いを頂いてから三日以内に出しましょう。

栄転・昇進祝いへのお礼状の書き方のテンプレート.1


栄転・昇進祝いへのお礼ハガキ文面


拝啓 陽春の候、山田様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびは東京本社への転任にあたり、過分なるご祝詞を頂戴したうえ、
大変結構なお品まで、お送りくださいまして、誠にありがとうございました。
新潟支社在任中は、山田様には大変お世話になりました。
これからも出張などで御地を訪れる機会もあるかと存じますので、今後とも変わらぬご厚誼のほどをよろしく願い申し上げます。まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます。 敬具


栄転・昇進祝いへのお礼状の書き方のテンプレート.2


拝啓 秋暑の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 早速ご丁重なお祝い状と結構なご厚志まで賜りまして、厚くお礼申し上げます。
 その上、一層の努力をしてまいり名古屋事業部の職務に全力で取り組む所存でございますので、今後とも末永くご厚誼のほどお願いいたします。
 まずは、略式ながら書中にてお礼を申し上げます。
敬具


ワンポイントアドバイス

新しい職場や役職に対する意気込みとともに、前任地や前の職場でお世話になった人へのお礼の言葉も、忘れずに述べましょう。取引先にあてたものであれば、形式にのっとって書いたほうがよいでしょう。


お礼状と品物を一緒に贈る必要はあるの?

目上の人やお世話になっている人から、昇進祝いや栄転祝いを頂いた場合は、お礼状と一緒に品物を贈るのがよいでしょう。贈り物は相手が喜びそうなものを選びます。金額は頂いた物の3割から5割り程度でよいでしょう。贈り物のNGは、下着や靴下や靴などは失礼と言われています。また、ガラスのような割れやすい物や壊れやすい物も避けた方が良いでしょう。お酒が好きな人など相手の好みが分かれば、おつまみと一緒に贈るのがよいですが、好みが分からない場合は、カタログギフトや商品券などにしてみるのはいかかでしょうか。

関連記事