栄転・昇進祝いへのお礼状の書き方

ビジネス文書

お礼状を書くときは、ただ「ありがとうございました」と述べるだけでなく、具体的な感想や喜びの感情が相手に伝わるようにしましょう。また、現金等を頂いた場合は、使いみちも伝えると相手も喜ぶでしょう。

栄転・昇進祝いへのお礼状を書くときのポイント


栄転・昇進祝いへのお礼状を書くときのポイントとしては、【1】相手の健康を気遣う言葉【2】感謝の気持ち【3】頂いた物への具体的な感想【4】今後の抱負。相手に感謝の気持ちを伝えるためにも、お礼状は、お祝いを頂いてから三日以内に出しましょう。

栄転・昇進祝いへのお礼状の書き方のテンプレート


栄転・昇進祝いへのお礼ハガキ文面


拝啓 陽春の候、山田様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびは東京本社への転任にあたり、過分なるご祝詞を頂戴したうえ、
大変結構なお品まで、お送りくださいまして、誠にありがとうございました。
新潟支社在任中は、山田様には大変お世話になりました。
これからも出張などで御地を訪れる機会もあるかと存じますので、今後とも変わらぬご厚誼のほどをよろしく願い申し上げます。まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます。 敬具

ワンポイントアドバイス

新しい職場や役職に対する意気込みとともに、前任地や前の職場でお世話になった人へのお礼の言葉も、忘れずに述べましょう。取引先にあてたものであれば、形式にのっとって書いたほうがよいでしょう。

関連記事