記念式典開催時の取引先への招待状の書き方

ビジネス文書

記念式典を開催するときの招待状は、知らせたい内容がしっかり相手に伝わることと、読んだ相手から好感をもたれることが重要です。いつ、どこで、誰が、何をするか、あるいはどんなことをするのかなど、ポイントをきちんと伝えるようにすると良いでしょう。



記念式典招待状の書き方の注意点


記念式典招待状の基本構成としては、【1】記念式典の日時、場所、連絡先の明記【2】記念式典の魅力を強調する【3】開催日の1か月前には届くように発送。また、返信用のはがきと会場の地図を添えるので、その内容も盛り込めるようにしましょう。

記念式典開催時の招待状のひな型


記念式典開催時の招待状の文面

公益財団法人〇〇協会
創立八十周年記念式典・祝賀会のご案内

拝啓 菊薫る候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
さてこの度 当協会では創立八十周年を迎えることができました
これもひとえに皆様の温かいご支援・ご協力の賜物と心から感謝申し上げます
八十周年の歴史と伝承を継承し新しい時代への一層の前進を図るべく節目の年を皆様とともに迎えられたことは誠に幸甚と存じます
つきましては 左記のとおり心ばかりの記念式典・祝賀会を催す運びとなりました
諸事ご多用とは存じますがご臨席を賜りますよう ご案内申し上げます      謹白

令和元年十一月吉日
公益財団法人〇〇協会
会長 山田 太郎


一 日時 令和2年2月15日(土) 受付 午後五時四五分 開始午後六時三十分
二 会場 台東北ホテル 2階広間 東京都台東区北浅草7-7-7 03-〇〇〇〇-〇〇〇〇
三 会費 壱万円

お願い 
※会場準備の都合上 同封のハガキに出欠をご記入のうえ十二月末日までにご返信くださ いますようお願い申し上げます
※会場駐車場に制限がありますので 公共交通機関にご利用をお願いいたします

※上記、人名・ホテル名・住所等は、架空によるものです。


ワンポイントアドバイス

記念式典の招待状の場合は、紙質や印刷が上質になるので、印刷会社に頼むことをおすすめします。すべて手作りで作成するのであれば、会場のホテルに協力してもらい地図を提供してもらうと手間が省けるでしょう。

関連記事