弔辞の社内文書の書き方と案内書のテンプレート

ビジネス文書

弔辞を書くときは、頭語や時候の挨拶などの記載は必要ありません。結語も記載しないことがありますが、合掌を記載することもあります。句読点を使わないことが正式とされていましたが、現在は気にすることはないようです。

弔辞の書き方のポイント【社内文書】


社内向けの弔辞を書くときのポイントとしては、【1】死亡の事実【2】個人への哀悼の意【3】告別式等の日時と場所【4】喪主を伝える。必要であれば、生前の交際に対してお礼の気持ちを伝えます。

社内向けの弔辞の書き方のテンプレート


社内向け弔辞のテンプレート


令和2年5月20日
各位
総務部
佐藤 一郎

訃 報

 営業部山田太郎殿の御父 山田秀樹様におかれましては、かねてより病気療養中のところ5月19日午前3時30分 享年85歳にて永眠いたしました
 心から哀悼の意を表しますとともに 生前のご厚誼を深謝し 謹んでご通知申し上げます
 通夜および告別式の日程は下記のとおり仏式にて執り行います


   一.通夜  5月22日(金)午後6時~7時

   一.告別式 5月23日(土)午前11時~12時

   一.場所  東京寺斎場
         東京都台東区北浅草7-7-7 
         03-〇〇〇〇-〇〇〇〇

         ※駐車場に制限がありますので お車でのご来訪はお控えください

   喪主:山田太郎殿(長男)

以上

※上記、人名・斎場名・住所等は、架空によるものです。

ワンポイントアドバイス

死亡された方が社員と同居していない祖父母や親戚の場合があります。社員に聞いてもすぐには喪主がわからず、訃報に記載できないことがあります。その場合は「故○○○○様 ご遺族様」宛にするとよいでしょう。

関連記事